経産婦の高齢出産リスクって一体どれくらいなの?高齢出産はやっぱり危険?

経産婦の高齢出産リスクって一体どれくらいなの?高齢出産はやっぱり危険?

 

最近は、女性の社会進出に伴い、晩婚化がすすみ、初産の年齢も上昇しています。そのため、2人目3人目を希望するお母さんたちの年齢もあがるのは自然なことです。30年前は35歳以上の妊婦による出生数が全体の7%だったのに対し、現在は全体の25%にまで増えてきています。しかし、高齢出産となると、様々なリスクがあり、さらに子育てに対する体力的な不安もあると思います。
初産のときとは、異なる状況も想定して、第2子以降の計画、準備をすることが大切です。

 

まず、高齢出産とは、初産の人で35歳以上、経産婦は一人目を産んだ時の年齢は関係なく、40歳以上の場合を指します。
こういった年齢での出産に伴う、主なリスクを3つご紹介します。

 

一つ目は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)です。加齢に伴い、高血圧、タンパク尿、むくみなどの症状が現れやすくなります。日ごろから自分でもチェックをすること、しっかり検診を受けることが必要になります。

 

二つ目は、帝王切開です。高齢出産では帝王切開をする妊婦の割合が増えているようです。それは、出産に必要な骨盤の柔軟性や可動域が不足することで胎児が出てくることが困難になるためです。このような状況を回避したり、母体への負担を減らすために、あらかじめ予定日を決め、計画的に帝王切開を行う医師も増えてきているそうです。医療機関、担当医師の方針もあるかと思いますのでしっかりと相談をすることをおすすめします。

 

三つ目は、胎児のダウン症のリスクです。高齢出産の場合、ダウン症児が生まれる可能性が高まると言われています。25歳と40歳の出産では10倍ほどまでリスクが高まるようです。これはお母さんの加齢により、体内の卵子も老化し、染色体に異常が起こることでダウン症が引き起こされるからです。誕生後も心疾患などの合併症を引き起こすことがあります。最近は、出生前診断なども話題になっています。こういったことも、ご家族、担当医師との綿密な相談を行っておくとよいでしょう。

 

ここまで、高齢出産におけるリスクを見てきましたが、年齢に応じた妊娠出産への知識を持ち、準備を進めていくことが大切でしょう。

 

高齢出産とダウン症の関係

経産婦の高齢出産リスクって一体どれくらいなの?高齢出産はやっぱり危険?
懐妊というのは、どのご持ち家にとっても正に有難くてありがたいことだと思います。しかしながら、それと同時に、健康に、無事に生まれてきて受け取るだろうかという不安な気力もあるのは当然のことです。
殊に、妊婦のクラスがおっきい場合は、懐妊、分娩、胎児に始める不安について話題になっていますので、心配な方も多いことでしょう。
ただでさえ、懐妊内は精神的に不安定になることも手広く、また様々な説があふれる中で、間違った説に振り回され、当惑が加速してしまうこともあるでしょう。ですから、規則正しい説や知識を持って、懐妊、分娩の段取りを行う必要があります。
ここでは、ダウン症に関してのクラスとの関わりについて論評します。

 

とりあえず、ダウン症の息子が出る要因を知っておきたいと思います。
主に3つあり、1つ眼は、精子、卵子の回避異変。2つ眼は、受精卵の回避異変。3つ眼は遺伝。3つ眼の遺伝については、ダウン症の中でも、さらに度数百分比の確率で見つかるものですから、極めてマイナーなケースだと言われています。1、2については、基本的には偶然にあるものです。ダウン症の形式は全体の1/1000というレートですが、精子、卵子の老化による仕掛け低下によって起こり易くなると言われています。
卵子は、女房が生まれてきた場合から、体内にもともと持っているもので、この体内の卵子がクラスによって老化し、回避異変が出るレートもあがるというのです。このことから、分娩ときのクラスが挙がるほど、ダウン症の子供ができ上がるレートもあがるということです。
具体的なレートは、20歳で1/1600であるのに対し、30歳で1/900になり、40歳で1/100という調査になっています。

 

こういった実質もあることから、将来的に懐妊・分娩を希望する場合は、これらを踏まえた青写真を立てていく必要があるでしょう。また、高齢で懐妊分娩をする場合は、医師やファミリーと綿密に依頼しながら進めていくことが大切です。
高齢出産葉酸サプリ